登録番号:千登録 第428号/登録の有効期間の満了日:H32.3.28

高所作業車運転技能講習

資格の区分
作業床の高さが10m以上の高所作業車の運転 (道路上の走行を除く)

高所作業車は、高所における工事、点検、補修等の作業に使用される機械であり、作業床及び昇降装置その他の装置により構成され、当該作業床が昇降装置その他の装置より、上昇、下降等をする設備のうち、動力を用い、かつ、不特定の場所に自走することができるもので作業床高さが2メートル以上のものをいいます。

高所作業車は機動性、高低差の対応等の機能に優れ、高所での作業を安全にこなし、しかも作業効率の向上、高品質な作業ができるということから、幅広い分野で使用されています。また、その用途や作業場に合わせて様々な種類のものが開発されており、それぞれに特徴を持っています。

労働安全衛生法における区分では、作業床高さが10メートル以上の場合は高所作業車運転技能講習を修了した者を当該業務に就かせることができると定められています。作業床高さ10メートル未満の場合は特別教育を受けた者が運転業務に就くことが出来ます。

高所作業車運転の業務に従事するには、修了証などの資格証の携帯が必要です。

講習内容

[ 助成金対象 ] 詳細はこちら

講習日数(受講資格と受講料は下の地図からご覧になれます。)

Sコース 3日間 17時間 全科目
Uコース 2日間 14時間 お持ちの資格により科目の一部が免除されます
Rコース 2日間 12時間 お持ちの資格により科目の一部が免除されま

学科
・高所作業車の作業に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識
・原動機に関する知識
・高所作業車の運転に必要な一般的事項に関する知識
・関係法令

実技
・高所作業車の作業のための装置の操作

各センターの時間割ダウンロード
北海道宇都宮市川新潟岐阜尼崎明石広島松山北九州熊本

主な機器の種類

  • トラック式

  • クローラ式

  • 垂直昇降型

屈折ブーム型高所作業車/垂直昇降型高所作業車/伸縮ブーム型高所作業車 等

主に使用する業種

  • 電気通信工事業

  • 板金・塗装業

  • 機械器具設置工事業

  • 看板工事業

  • リース・レンタル業

  • 整備サービス業

  • 建設・土木工事業

  • 造園工事業

  • 運送業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。