クレーン運転特別教育

資格の区分
つり上げ荷重が5トン未満のクレーン(移動式クレーンは除く)の運転

クレーンとは、荷を動力を用いてつり上げ、これを水平に運搬することを目的とする機械装置です。
クレーンなどを使用する荷役運搬機械等は作業の性質上危険を伴い、労働災害の発生の主な原因としては運転者の知識不足等による不適切な運転作業によるものが多く見られます。
労働安全衛生法により、つり上げ荷重5トン未満のクレーン又はつり上げ荷重5トン以上の跨線テルハの運転作業については、クレーン運転の特別教育を修了していなければならないと定められています。
原動機を内蔵し、かつ、不特定の場所に移動させることができるクレーンの運転には移動式クレーンの資格が必要です。

TS_01

講習内容

[ 助成金対象 ] 詳細はこちら

講習日数(受講資格と受講料は下の地図からご覧になれます。)

Tsコース 2日間 13時間 全科目
Ts3コース 1.5日間 10時間 お持ちの資格により科目の一部が免除されます
※北海道教習センターのみ開催
Ts4コース 1日間 8時間 お持ちの資格により科目の一部が免除されます

学科
・クレーンに関する知識
・原動機及び電気に関する知識
・クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
・関係法令

実技
・クレーンの運転
・クレーンの運転のための合図

各センターの時間割ダウンロード
北海道宇都宮市川新潟岐阜尼崎明石広島松山北九州熊本

主な機器の種類

  • 天井クレーン(ホイスト式)

  • 天井クレーン(トロリ式)

  • 橋形クレーン

天井クレーン/橋形クレーン/ジブクレーン/クライミングクレーン 等

主に使用する業種

  • 鉄鋼業

  • 金属製造業

  • 化学工業

  • 機械器具製造業

  • 飲食料品製造業

  • 整備サービス業

  • 建設・土木工事業

  • 運送業

  • 倉庫業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。