ローラー(締固め用)特別教育

ローラーはタイヤローラー、ロードローラー、ハンドガイドローラー等、路床、路盤や舗装面の支持力を高めるために使用される締固め機械をいい、道路やダムの盛土締固め、道路舗装、建築構造物基盤、地下埋設物の覆土などの締固めに用いられます。
建設機械の中でもローラーは構造的に耐久性が高く寿命が長いため、同時期に多種多様なローラーが活用されますが、運転者の操作の未熟であったり、構造特性の知識不足から、運転者自身、作業者や通行人への災害が発生しています。こうした災害を防止するため労働安全衛生法により、ローラー運転の作業に従事するには特別教育を修了しなければいけないと定められています。

TV_01

講習内容

[ 助成金対象 ] 詳細はこちら

講習日数(受講資格と受講料は下の地図からご覧になれます。)

Tvコース 2日間 10時間 全科目

学科(6時間)
・締固め用機械(ローラー)に関する知識
・締固め用機械(ローラー)の運転に必要な一般的事項に関する知識
・関係法令

実技(4時間)
・締固め用機械(ローラー)の運転方法

各センターの時間割ダウンロード
北海道市川新潟岐阜尼崎明石広島松山北九州熊本

主な機器の種類

  • ロードローラー

  • タイヤローラー

  • ハンドガイドローラー

タイヤローラー/振動ローラー/ロードローラー/ハンドガイドローラー 等

主に使用する業種

  • 建設・土木工事業

  • リース・レンタル業

  • 整備サービス業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。