振動工具取扱作業者安全衛生教育

資格の区分
振動工具を用いて作業する方を対象とする教育

建設工事において使用される機械・工具の中には、さく岩機、インパクトレンチ、タンピングランマーなど稼働中に工具本体から振動を著しく発生するものがあります。

手から腕、肩に伝わった振動は血液の流れや神経の働きを悪くすることがあり、こうした振動工具の振動が身体に伝わることで生じる身体機能の異常を総称し振動障害(末梢循環障害、末梢神経障害、運動器障害など)といい、予防対策を講じず長期間使用すると発生する恐れがあります。

事業者は、厚生労働省通達「チェーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針(平成21年7月10日付基発0710第2号)」により、労働災害の予防対策として、振動の少ない工具の選定・点検・整備、作業時間の管理、保護具の使用、体操などの健康管理、また、振動工具取扱作業に就かせる労働者に対する安全衛生教育の実施を求められています。

3G_01

講習内容

科目

時間 コース
合計時間

3g
4h

学科 振動工具に関する知識 1
振動障害及びその予防に関する知識 2.5
関係法令等 0.5

<受講資格>
特になし

受講料と開催センターはページ下部の地図をご確認ください。

各センターの時間割ダウンロード

主な機器の種類

  • 削岩機

  • 振動ドリル

ピストン内蔵工具/ エンジン内蔵工具/ 振動体内蔵工具/ 締付工具/ 回転工具/ 往復動工具 等

主に使用する業種

  • 建設・土木工事業

  • 解体工事業

  • 造園工事業

  • 管工事業

  • 機械器具製造業

  • 整備サービス業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。