酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

資格の区分
タンク、マンホール、たて抗などの酸素欠乏危険作業及び硫化水素危険作業

酸素欠乏症等による災害は、土木、建設工事、化学工業や食品製造業など様々な業種で発生する恐れがあり、最近の発生状況では件数、被災労働者数とも減少傾向にあるものの、致死率が非常に高い状況にあります。
災害を防止するためには、酸素欠乏等の危険場所としての認識や、酸素欠乏症等の発生原因および的確な防止措置について、十分に理解することが重要です。
労働安全衛生法では酸素欠乏危険作業に係る業務に就く労働者は特別教育を修了しなければならないと定められています。

TJ_01

講習内容

講習日数(受講資格と受講料は下の地図からご覧になれます。)

Tjコース 1日間 5.5時間 全科目

学科(5.5時間)
・酸素欠乏の発生の原因
・酸素欠乏症の症状
・空気呼吸器等の使用の方法
・事故の場合の退避及び救急そ生の方法
・その他酸素欠乏症の防止に関し必要な事項

各センターの時間割ダウンロード
市川新潟岐阜尼崎明石広島松山北九州

主な機器の種類

  • 作業の様子

  • AEDを使用した応急手当

主に使用する業種

  • 管工事業

  • 化学工業

  • 産業廃棄物処理業

  • 建設・土木工事業

  • 飲食料品製造業

  • 解体工事業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。