職長・安全衛生責任者教育

資格の区分
現場において部下を直接指揮・監督する職長等(安全衛生責任者教育を兼ねる)を対象とする教育

職長等とは、作業中の労働者を直接指導または監督する者と定められており、仕事をするうえで、現場で指揮、命令する人を指します。

製造業、建設業などの一定の業務において新たに職務に就くことになった職長等に対し、職務を果たすために必要な能力を付与するものの一つとして職長教育の実施が義務付けられています(労働安全衛生法第60条)。

なお、建設業においては、安全衛生責任者の選任が義務付けられることがあり(労働安全衛生法第16条)、現場では職長が安全衛生責任者を兼任することが多くみられることから、コベルコ教習所では関係法令に基づき「職長・安全衛生責任者教育」として開催しています。

3A_01

講習内容

科目

時間 コース
合計時間

3a
14h

学科 作業方法の決定及び労働者の配置に関すること 2
労働者に対する指導又は監督の方法に関する
こと
2.5
危険性又は有害性等の調査及びその結果に
基づき講ずる措置に関すること
4
異常時等における措置に関すること 1.5
その他現場監督者として行うべき労働災害防止
活動に関すること
2
安全衛生責任者の職務、総括安全衛生管理の
進め方
2

<受講資格>
特になし

受講料と開催センターはページ下部の地図をご確認ください。

センターの時間割ダウンロード

主な機器の種類

  • 作業指示の様子

  • 作業指示の様子

主に使用する業種

  • 建設・土木工事業

  • 機械器具製造業

  • 鉄鋼業

  • 金属製造業

  • 化学工業

  • 電気通信工事業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。