アーク溶接等特別教育

資格の区分
アーク溶接機を用いて行う溶接・溶断等の業務

アーク溶接とは、アーク溶接機を用いて電気エネルギーを空気中の放電現象(アーク放電)に変え、発生する熱で金属の溶接を行うことをいい、その放電現象により金属を溶断することもできます。被覆アーク溶接といわれる被覆溶接棒と母材との間にアークを発生させた熱で、溶接棒と母材を溶接する方法や特殊なトーチを使用するTIG溶接、MAG溶接などがあります。

アーク溶接は、製造業、建設業など幅広い業種で行われる溶接方法ですが、感電災害、爆発や火災といった重大な災害が発生する危険性があり、これらの災害を防止するため、事業者は、アーク溶接の業務に就かせる労働者に対し、特別教育の実施が義務付けられています(労働安全衛生法第59条第3項/労働安全衛生規則第36条第3号/安全衛生特別教育規程第4条)。

特設ページ:ガス溶接技能講習・アーク溶接特別教育 | 溶接・溶断作業に必要な資格

動画/画像

arc-welding_02