床上操作式クレーン運転技能講習

資格の区分
つり上げ荷重が5トン以上で床上で運転し、運転者が荷物とともに移動するクレーンの運転

つり上げ荷重5トン以上のクレーンで、床上で運転し、かつ当該運転をする者が荷の移動と共に移動する方式のクレーンのことをいいます。
天井クレーンの場合、ホイスト等に直接押しボタンスイッチ(ペンダント)をつり下げたもので、走行、横行とも荷が移動するのと一緒に押しボタンを操作する者がついていかなければいけない方式のものです。

なお、この技能講習を修了した者であっても、玉掛け業務は玉掛け技能講習修了者、玉掛け業務に係る特別教育を修了した者でなければいけません。

床上操作式クレーン運転の業務に従事するには、修了証などの資格証の携帯が必要です。

講習内容

[ 助成金対象 ] 詳細はこちら

講習日数(受講資格と受講料は下の地図からご覧になれます。)

Lコース 3日間 20時間 全科目
Pコース 2.5日間 16時間 お持ちの資格により科目の一部が免除されます

学科
・クレーンに関する知識
・原動機及び電気に関する知識
・力学に関する知識
・関係法令

実技
・床上操作式クレーンの運転と点検
・クレーン運転のための合図

各センターの時間割ダウンロード
北海道宇都宮市川新潟岐阜尼崎明石広島松山北九州

主な機器の種類

  • 天井クレーン(ホイスト式)

  • 天井クレーン(トロリ式)

  • 橋形クレーン

天井クレーン(ホイスト式)、天井クレーン(トロリ式)、橋形クレーン 等

主に使用する業種

  • 鉄鋼業

  • 金属製造業

  • 機械器具製造業

  • 化学工業

  • 整備サービス業

  • 倉庫業

  • 建設・土木工事業

  • 運送業

  • リース・レンタル業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。