登録番号:19/登録の有効期間の満了日:2020.3.29

ガス溶接技能講習

資格の区分
アセチレンガス等の可燃ガス及び酸素を使用して行うガス溶接・溶断の業務

ガス溶接とは、金属同士を接合するときに、アセチレンをはじめとする可燃性ガスにより鉄を高熱にし、接合または溶断する方法で、機械器具製造工場や建設現場等において幅広く活用されています。

ガス溶接の作業は、可燃性のアセチレンガスやLPガスなどと、支燃性の強い酸素を用い、高温の炎を取り扱うために思いがけない爆発・火災や中毒性の危険を伴う作業であるため、労働安全衛生法等の法令において、ガス溶接技能講習を修了した者でなければ当該業務を行ってはならないと定められています。

ガス溶接の業務に従事するには、修了証などの資格証の携帯が必要です。

特設ページ:ガス溶接技能講習・アーク溶接特別教育 | 溶接・溶断作業に必要な資格

講習内容

[ 助成金対象 ] 詳細はこちら

講習日数(受講資格と受講料は下の地図からご覧になれます。)

Vコース 2日間 13時間 全科目

学科
・ガス溶接等の業務のために使用する設備の構造及び取扱い方法に関する知識
・ガス溶接等の業務のために使用する可燃性ガス及び酸素に関する知識
・関係法令

実技
・ガス溶接等の業務のために使用する設備の取扱い

各センターの時間割ダウンロード
北海道宇都宮市川新潟岐阜尼崎明石広島松山北九州熊本

主な機器の種類

  • 溶接の様子

  • 器具

主に使用する業種

  • 建設・土木工事業

  • 解体工事業

  • 板金業

  • 整備サービス業

  • 機械器具設置工事業

  • 機械器具製造業

  • 金属製造業

  • 管工事業

  • 鉄鋼業

地図から受講する
「教習センター」を
選択してください。